PODだ

LINE6のPOD HD(黒)、POD XT(赤)そしてFBV SHORTBOARD(フロアペダル)。いわゆるアンプシミュレーターですね。

画像


6年くらい前に特売品でPOD XTを購入。そして2年ほど前にPOD HDを購入。普通は同じようなタイプの新機種を買ったら、旧機種は処分するんだけど、XTの方がシミュレーションされているアンプの数が多く、特にHDに無いORANGEやJCがシミュレートされているため、現存に至る。使い勝手の難しさ、分からなさはどちらも同じ。慣れれば簡単なんだけど、結構頭を使うかも。サウンドや使い勝手の実用性でいけば、この手のマルチの中ではダントツでしょう。

当初XTを購入するとき、本当はフロアタイプのXT LIVEが欲しかったのだが、店頭では売切れており、同じような値段で別店舗で売っているのを知っていたにも関わらず、なぜか移動する気が起きずに心が折れて妥協してしまい、そのことを後々ずっと後悔することとなった。(製品の性能に不満があったわけではない)。
それ以来、自分が欲しいと思うものを買い物をするとき、極力妥協しないようになったという点でも思い出深い品である。

じゃあなぜHDもフロアタイプを買わなかったかというと、XT購入後に買ったフロアペダルをそのまま流用できたからである。

ちなみにユーザー同士がオンラインでパッチプログラムを交換できるため、私のXTにはランディ・ローズ、スラッシュ、ジミ・ヘンドリックス、そしてなぜかリッチー・サンボラのトーンがダウンロードしてある。

一時期、エフェクト類はPODだけにするため、ワウペダル以外のコンパクトエフェクターを全部処分したのだが、ZOOMのG2.1DMをはじめ、最近少しずつエフェクターが増えてきております。結局ね、スタジオにPOD本体とフロアペダルを持っていくとなったら、結構な重量になるということがネックだったのですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック