久々の投稿だが

久々の投稿にもかかわらず突然ですが、残念ながら、この数年間在籍したロックバンド「META META」のメンバーで無くなりました。 したがって、バンドのHPにしばらくは私の画像があるかもしれませんが、今後のMETA METAの活動については、お答えすることができません。 ESJ等で応援してくださった方々、ありがとうございま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

good times bad times

YAHOOニュースなんかでこの一週間ほど話題になっている「CLASSIC ROCK AWARD」におけるジミーペイジの事件(?) この件でのキーワードは 「ジミー・ペイジはケチである」 こんかことはZEPPELINファンの間では常識とされることで、私がこんなところで書いてみたところで、怒るファンはいないと思う。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいダンカン、なんだこのヤロー

突然であるが、ピックアップを交換 ついでにコンデンサも交換した。 ピックアップについて、今回はリアのみをダンカンのゼブラタイプに変更 フロントピックアップがカバードで、リアピックアップがオープンのゼブラという、ルックス的にかなり強引といえば強引だが、個人的にはいかにも「変えました」って感じで、このアンバランスさも気…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生ける屍

以前知り合いのバンドのライブに行ったとき、この曲をカバーしていたので、翻訳に挑戦。 ZOMBIE/CRANBERRIES Another head hangs lowly Child is slowly taken And the violence caused such silence Who are w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生はロックとソウルだ

なんか勢いがついてきたので、奇跡の3本立て。 とはいっても歌詞の意訳は一休みして、私がこの1月でハマっているバンドを紹介。 その名はVINTAGE TROUBLE この1月は会う人、会う人にすすめている。 出会いは、ホントに偶然。気まぐれで立ち寄ったタワレコでスティーヴィー・レイ・ヴォーンのCDを探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無敵

約半年間ブログを更新しなかった罪滅ぼしもあるんで、今回は翻訳の2本立てでいってみようかと。 HM/HRとは微妙にジャンルがズレてしまうが気にせず、私のフィーリングで意訳させてもらう。 Invincible/Pat Benatar This bloody road remains a mystery This …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックンロールの子供たち

いろいろあって半年ほど放ったらかしにしていた当ブログ。 久々なんで対訳でもやってみようかと。 今回のお題はコレ。 例によって極力辞書や翻訳ソフトを使わず、自分の感性を頼りに訳してみる。 ROCK'N'ROLL CHILDREN / DIO It was starting to rain On the ni…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ST-CHAMPだ

会社の同僚が家業を引き継ぐため退職し、地方に戻るってことで、数年前に私が受け継いだ一本。フェンダーのアンプ内臓ミニギター。 いわゆる後期型ってことで、トラスロッドが入ったショートスケールの22Fネック、ゴトー製のペグ、ブリッジはENDROXと、スペック的に申し分ないパーツを使用している。そのため、初期型よりも人気が高い(ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偶然

先日、ちょっと仕事の関係で都内に行き、電車の乗り換えがてら、某所の楽器屋に行った。 新しくワイヤレスシステムを買ったこともあり、なんかいいシールドがないかな・・・ ほう、足立'YOU'祐二お勧めシールドなんてあるのか、なんて見ていると、 アンプヘッドブースで試奏していた人が出てきて、なんか店員と話しを始める。 とくに興味がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛快TV スカッとジャパンのパタリロからパクリ疑惑?

先日、録画していた「痛快TV スカッとジャパン 」を見た。 まぁ、最近よく見る番組なので、なんとなく惰性で食事しながらボーっと見てみる。 その中で秋野陽子が主演のショートストーリーがあり、 大雑把な内容としては、嫁の子育てについて細々と口出しする姑に対し、最後は 大姑が「あなたもそうでしたよね」ってたしなめるって内容だったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せっかくなので

ここ数ヶ月間勉強していた資格試験も無事に終わったのを記念し、先日楽器フェアでイベントをやったLOUDNESSの高崎晃の足元にあった機材をもう少し詳細に見ていていこうと思う。 画像の上段左から右にかけて、 上段:KORG pitchblack PB-01-GM 、JIM DUNLOP RED95 Cry Baby、DI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JEN CRYBABYだ

私のギタープレイを語る上で欠かせないのが、JENのCRYBABY ・・・というのはウソです。ライブでも数回しか使ってません。 スタジオでは良く使用するんだけどね。 購入したのは80年代終わりごろで、私の現在所有しているエフェクター類ではもっとも古いものである。 詳しい製造時期は分からないが、80年代終わりに購…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PROCO RAT2だ

あるいみ歪み系の定番になっているRAT2。 私は20年以上前から使っております。 椎名林檎の歌詞に「RATひとつを商売道具に~」というのがあるらしいが、私もライブのときはこれ一台でセッティングを完結させることが殆どだった。 左側がアメリカ製の黒RAT。右がイケベ楽器のアニバーサリーモデルで、中国製の白RAT。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IBANEZ TS MINIだ

前回当ブログで「IBANEZのTSの良さがよく分からん」みたいなことを書いたのだが、先日IBANEZよりTS MINIとやらが発売されたので、YOUTUBEでのデモ音源が悪くなかったのと、値段もサイズも手ごろだったこともあり、早速入手。 今後はどうなるか分からないが、私が手に入れた個体はMADE IN JAPAN。 サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイ、ジミヘン、ザッパ、SRVをつなぐ線は一本か?

当ブログでも紹介しているが、私はZOOMのG2.1DMやLINE6のPOD等を所有しているため、プリセットされている機材の比較というのをよくやっていたりする。 そのプリセットされている中で、最近どうしてもIBANEZのTS808のよさが分からないため、この機材の代表的ユーザであるスティーヴィー・レイ・ヴォーン(以下SRV)の曲を聴いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマである

なんてタイトルに書くと意味不明であるが、実は インフルエンザにかかったのだ 当然ながら、会社より5日間の出勤停止令が下ったため、自宅にいるのだが、 本当にやることがないのである。 この数日やったこと 寝る 食べる TVを見る 以上である。 予防接種を受けていたため、症状は比較的軽く、熱もほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽器フェア2014とEXPPERIENCE PRS(再びビッグサイト偏)

ディファ有明からシャトルバスに乗り、再びビッグサイトに戻る。 といっても私は時間的に帰宅しなければいけなかったため、先に入手していたLOUDNESSの高崎晃&山下昌良のイベント整理券をレナんさんに託し、家路につく。 このイベントは当初 高崎晃(ギター)、山下昌良(ベース)とゲストドラマー 菅沼孝三の布陣で行われることになって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more