ばいばいびゅーてほー3

前回のブログではエラい手抜きなことをやってしまったが、たまにはこんなのも良いじゃないかと自分に言い聞かせる今日この頃。

で、夏から続いているNIGHTWISHの続き。

何気なく見た「WISH I HAD AN ANGEL」のPVでバンドの認識を一転してしまったのだが、YOUTUBEで様々なNIGHTWISHの曲を視聴していく中でどうしても聴く気になれない曲が1曲だけあった。それがここ数回のブログのタイトルになっている「BYE BYE BEAUTIFULE」であった。

BYE BYE BEAUTIFULE・・・直訳すれば「バイバイ美人ちゃん」ですよ。タイトルを見ただけで「なんだこりゃ」と。タイトルから察するに失恋がらみのラブソングみたいだし、どうせたいした曲ではないのだろうと、その曲の存在を知りつつも聴かないまま数ヶ月経過した。

ある日YOUTUBEで様々な楽曲を聴いている中で、ふとNIGHTWISHの曲を聴きたくなり、特に期待もせず「BYE BYE BEAUTIFULE」を選んでみた。↓

http://jp.youtube.com/watch?v=hTdhXxxWREo

はっきり言って謝りたくなるくらい、裏切られました!痛烈な内容の歌詞、私がバンドの認識を一転してしまった「WISH I HAD AN ANGEL」に通じる曲展開、まさにNIGHTWISH的ハードロックがそこに展開していた。

歌詞の内容はともかく、楽曲としては新ボーカリストであるアネット版「WISH I HAD AN ANGEL」として位置づけていると思う。確かことのきのライブのオープニングは「BYE BYE BEAUTIFULE」で、ラストが「WISH I HAD AN ANGEL」で締めくくっていたはずだし。

とにかく聴かず嫌いはダメですね。


ちなみに新ボーカリストのアネットに対するファンの評価は2分されているみたいだが、私はアネット加入後の最初の楽曲である「AMARANTH」を聴いて「ターヤという強烈な個性を持ったボーカリストがいなくなった分、普通のバンドになってしまったな」というのが第一印象であった。アネットも充分に実力のあるボーカリストであることは間違いないが、曲の一部分だけを聞いて「あ、NIGHTWISHだ」と思わせるだけの個性がないと。もちろん「AMARANTH」は良い曲だと思うが↓
http://jp.youtube.com/watch?v=GdZn7k5rZLQ

ボーカリスト交代という大きな転機を超えて、バンドとして次はどういう展開を見せるか楽しみなところです。


しかし アネットといい、ターヤといい、このバンドは奥目の女性ばかりボーカリストになるなぁ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック