なかなか侮れない日本映画

先日仕事帰りに映画「DEATHNOTE THE LAST NAME」を観てきました。

とりあえず感想・・・

すげー面白かった!

原作の漫画の方はおおよその結末なんかは知っていたんだけど(漫画は読んでないけど)、細かいストーリーなどは知らなかったため、Lと月のちょっとした加減で攻守・優劣の入れ替わるスリリングな展開などは、文字通り「息を呑んで」見守ってしまった。

個人的には映画版の結末の方が個人的には好きですな。Lのキャラクターも松山ケンイチの演ずる映画版の方が怪しくて、雰囲気が出ているし。

他のファンサイトやブログなど見ると「ニアやメロが出てこないで終わってしまう劇場版はダメだ」みたいな意見もあるけど、私は漫画を読んでいないためニアやメロに特に思いいれもないため、素直に映画を楽しんでしまいました。

あと、なんか2008年にはLを主人公をした映画も公開されるとか。最初は「DEATH NOTE アナザーノート: ロサンゼルスBB連続殺人事件」を映画化するのかなと思ったんだけど、どうやら違うっぽいし、どんな話になるか楽しみです。

そういえば、松山ケンイチって映画「NANA」でベーシストの役をやっていたんですね。知らなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック