IBANEZ TS MINIだ

前回当ブログで「IBANEZのTSの良さがよく分からん」みたいなことを書いたのだが、先日IBANEZよりTS MINIとやらが発売されたので、YOUTUBEでのデモ音源が悪くなかったのと、値段もサイズも手ごろだったこともあり、早速入手。
今後はどうなるか分からないが、私が手に入れた個体はMADE IN JAPAN。

画像


サイズは本当に小さい。スマホと比べても分かる小ささ。下手したらズボンのポケットに入れられる。


POD XTにつないでみて、シミュレーションされているいろんなアンプで試してみる。

感想として、スイッチを入れると、TS本体のオーバードライブのレベルに関係なく、グっと音が前に出る。
SRVではないけれども、FENDER系のアンプとの相性が抜群によく、音に艶が出る。
MARSHALLなどのハイゲインアンプに使用するときは、アンプのドライブを押さえ気味にしないと、せっかくのTSの特徴が得られないが、この微妙なポイントにハマると良いブースターになる。

ベースとなっているTS-808やTS-9がオーバードライブ/ブースターの定番として有名だが、このTS MINIも十分使えるだけのポテンシャルを持っている。

久々に良いものを買ったと思わせる一台である。

もし買おうかどうか迷っているならば、間違いなく買う価値のある一台といっておこう。

<追記>
しばらく使ってみて、やはりトーンとレベルのコントロールノブがどこの位置を指しているのか見えにくいので、色を入れてみる。
画像

うむ、これだと使いやすい。

もしコントロールノブに色が入っているTS MINIが売りに出されていたら、私が死んだ、もしくは金に困って売ったと思ってください。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック