RGXだ

YAMAHAのRGX612J。
画像


高校時代はこのギターを使って、いろんな曲をコピーしまくってました。
サウンドは特に高音が出すぎ、低音が出方が甘いと感じていたため、そのうちGIBSONのレスポールにメインの座を取って変わられたのであった。(仲間からも「キンキンしすぎ」とよくいわれていた。)当時はピッキングハーモニックスを多様するプレイをしていたので、あえて高音寄りな音作りをしていたが、今思えば、音作りの詰めが甘かったのかなと。
24フレット仕様、ロックタイプのトレモロ、ピックアップのタップ機能搭載ということで、コストパフォーマンスは良かったと思う。弾きやすかったしね。

本当はボディカラーは黒かったのだが、数年前に気まぐれで100円ショップで買ったスクレーバーで塗装をゴリゴリとはがし、家にあった適当なニスを塗って画像のようなルックスに変更。その後、PRSのCUSTOM24を購入したことで廃棄処分に。現在はペグ、トーンコントロール、トレモロユニットといったパーツのみが我が家に残っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック