GAME HAS OVER. . . BUT DOES IT REALY OVER?

はい、公開初日に見てきました「SAW ザ・ファイナル 3D」。人生初の六本木ヒルズで。
ま、この六本木ヒルズの映画館でも腹の立つことがあったのだが、これは別の機会においておくとして、
映画の感想・・・・(以下、ネタバレを含む可能性があるので注意してください。)














今回は以外と素直なストーリー進行だったのではないかと。
つまり見終わったあと「そういうことだったのか!」ではなく「やっぱりそうだったのね」という感想が最初に頭に浮かんだ。

今までだとダブルミーニングなどで観客のミスリードを誘引し、最後にドーンとネタバラシすることで「そういうことだったのか!」と納得させるパターンがメインだったのに、それが無く、「今までの事件の要所要所でこの人が関わっていたのです」という伏線の回収を何のヒネリもなくやってしまったと。しかも熱心なファンなら想定できる範囲内で回収してしまったので何の驚きも生まれなかった(「やっぱりね」という安心感は生まれていたが)。

ちなみに私が前回、この映画のストーリーを勝手に想像してみましたが、正解率は半分くらいでしょうか?
「ゴードンはその後のゲームに関わっていない」のくだりは恥ずかしいほどに外してしまいました。いや、もちろんその可能性も頭の中ではあったのですが、やっぱり「こうあってほしいな」という願望が強かったものでね。・・・などと言い訳してみたりする。

個人的に残念だったのはジグソウの元妻ジルね。逆トラバサミのシーンで過去の幸せそうな映像がフラッシュバックしてから、あのようになってしまうのが何とも・・・。帰りの電車のなかで何回もそのシーンが思い出され、考え込んでしまうくらいショッキングだった。このシーンがあったからこそラストシーンの「やってくれた、ざまあみろ」という一種の爽快感につながったのかもしれないが。個人的にラストシーンは、あれでよかったと思う。

で、私としてはホフマンとジルの展開に気が向いてしまうため、どうしてもボビーのゲームが邪魔に感じられてしまった。ていうかボビーのゲームについてはは誰が仕掛けたのかという疑問だけが残っている。個人的には「医師」かなと思っているが、どうなんだろう?

あと警察署内でのホフマンの凄さ。ほとんどランボー並ですね。SAW6でもスロートカッターとしての片鱗を見せていたが、あそこまでやられてしまうと見事としかいいようがない。ちなみに私はホフマンを見ると、どうしても往年の名レスラー:ブルーノサンマルチノに似ていると感じてしまう。

個人的総評:100%満足とは行かなくても、ファイナルとしては納得できる範囲でした。昨日の時点ではもう一度劇場に見に行ったり、DVDで見てみようという気になれなかったのですが、今はもう一度見てみようかなと思ってます。
そういえば「ジグソウの壮大な計画」って何だったんだ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック