SEE「SAW」?

いやー 梅雨入りしたという報道があった割にはなかなか雨が降らず「今年はカラ梅雨かな?」などと油断していたところのこの夕立と熱帯夜。家でじっとしているだけで汗ばんできます。

中にはワールドカップに熱中し、夜中にビールを飲みながら日本代表の快勝に溜飲を下げている人も多いと思いますが、ここで大事なことを一つ・・・私 ワールドカップとやらに一切興味がないため、日本が勝とうが負けようが知ったこっちゃないのです。とはいってもワールドカップに熱くなる方々を非難する気は毛頭ないですけどね。あくまで個人が何に熱中しようがそれは(道徳に反していない限り)個人の自由なのですから。そういえばワールドカップに一切興味を示さない私をかつて「非国民」と言い放った元同僚もいたが、そんなのは余計なお世話だ。←ちなみにこの同僚はその昔、仕事中にワールドカップをこっそり見ているのが会社にバレて、大目玉を食らってしまった間抜けである。

さて話が本題に入らないまま、外れまくってしまったが、こんな私が熱帯夜にお勧めするのがサスペンス・スリラーの傑作「SAW」シリーズだ。シリアルキラー・ジグソウの仕掛けるゲームの残酷さ・グロさでいくとホラー映画のジャンルにも属すかもしれないが。とにかくストーリーが面白い!とくに「SAW」の第一作目では最後の最後に明かされる驚愕の結末に「そういうことだったのか!」と私が思わずうなってしまったほど、伏線のちりばめ方が見事なのである。(伏線の消化の見事さでいけば「アバター」も素晴らしかった。この作品は映像だけでなくストーリーももっと評価されていいと思う。)

続けて2作目から5作目まで一気にみたのだが、どれも見所があり、シリーズを通してなかなか秀逸な作品ではないかと。ただシリーズ物の定めか、シリーズが進むにつれて話がコアになってしまうため、それまでの話を知らない人が例えば「SAW4」をいきなり見ても面白さは伝わらないかもしれない。特に私は「SAW4」は「SAW3 後編」と捉えているので(多分この捉え方は間違っていないと思う)。

「SAW」シリーズは特に一作目の難解さから様々なサイトや掲示板でいろいろな憶測や議論が起こっており、それをみるのも楽しさの一つでしょう。ただしシリーズのストーリーが知りたいがために、下手にネタバレ掲示板などにいくと肝心の部分まで分かってしまい、面白みが半減してしまうので注意。私は「SAW4」を見る前にこれをやってしまった間抜けです。

先日「SAW7」の撮影がクランクインし、今回のキャストには第一作目に登場したっきり(俳優さんのギャラの関係から続編に登場することなく)、その生死すら不明となっていたゴードン博士が登場するらしいのでとても楽しみなのである。

とにかくこのシリーズは残酷シーンの苦手な人は片目をつぶっててもいいから最後まで見て損は無い映画だと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック